痛みに配慮した歯科治療|祐天寺の歯医者|祐天寺歯科

新型コロナウィルスへの対応について

  • 東横線「祐天寺」駅4分
  • 〒153-0053 東京都目黒区五本木2-15-4
  • 03-5725-1880
  • 祐天寺歯科ネット予約

痛みに配慮した歯科治療

痛みに配慮した優しい歯科治療を心がけております

優しい歯科治療

祐天寺歯科では、小さなお子さまや歯科治療が苦手な方が不安なく治療に取り組めるよう、麻酔注射や歯の切削時に伴う痛みに配慮した優しい歯科治療を心がけております。

麻酔注射の痛みを軽減するための取り組み・対策について

当院では治療で強い痛みを伴う可能性が高い場合、事前に麻酔注射を実施するため、ほとんど痛みを感じることなく処置を受けていただけます。また、麻酔注射についても下記のような取り組みや対策によって痛みの軽減に努めております。

事前に表面麻酔を実施

表面麻酔の実施

麻酔注射を行う際は、事前に表面麻酔を実施いたします。塗るタイプの麻酔薬で歯肉の感覚を鈍らせることによって、注射針のチクッとする感覚を和らげることができます。

超極細の注射針を使用

超極細針の使用

麻酔注射の痛みの度合いについては、使用する注射針の太さが大きく関係します。当院では、少しでも麻酔注射の痛みを軽減するため、31G(0.26mm)という超極細針を使用しています。

電動麻酔注射器の使用

電動麻酔注射器で注入

麻酔液を一度に大量注入すると、痛みが強くなる可能性があります。当院では、電動麻酔注射器を使用し、一定の圧力でゆっくり麻酔液を注入することで痛みを軽減いたします。

歯科医師の麻酔技術で痛みの軽減

歯科医師の麻酔技術

麻酔注射の痛みを軽減するためには、歯科医師の麻酔技術も重要となります。当院では、患者さまの意識がそれている間に注射を行ったり、痛みに鈍感な部分から少しずつ麻酔範囲を拡げたりなど、痛みを最小限に抑えるよう努めております。

歯を削る際の痛みを軽減するための取り組み・対策について

祐天寺歯科では、麻酔注射の痛みだけでなく、歯を削る際にも様々な取り組み・対策を実施し、できるだけ痛みが強くならないよう努めております。

拡大視野下での精密な切削

拡大視野

歯を削る範囲を最小限に抑えることで処置に伴う痛みを軽減することができます。当院では、マイクロスコープや歯科拡大鏡を使用し、細部の状態をしっかりと目で見ながら精密な切削を心がけております。

振動の少ない5倍速コントラを使用

5倍速コントラ

当院では、高速で回転する5倍速コントラハンドピース(ドリル)を採用しております。5倍速コントラハンドピースは使用時の振動が少ないため、より精密な切削によって処置に伴う痛みの軽減が期待できます。また、使用時の機械音も軽減されるため、不安も和らぎ、快適な治療が可能となります。

極細のドリルバーを使用

極細バー

当院では、虫歯の大きさや切削の状況によってドリルバーを変更いたします。細部や最終的な処置では、極細のドリルバーを使用して切削を最小限に留めることで伴う痛みを軽減します。

予防歯科をおすすめ

予防歯科

歯科治療の痛みを抑える一番の方法は、虫歯や歯周病にならないように予防することです。虫歯や歯周病にならなければ、歯を削ったり、抜いたりといった痛みを伴う処置は必要ありません。当院では、定期検診やクリーニングなど、予防歯科に力を入れ、患者さまのお口の健康維持に努めております。

予防歯科診療・クリーニングページ>>

祐天寺にて痛みに配慮した歯科治療をご希望の方へ

痛みに配慮した歯科治療

祐天寺歯科では、お子さまや痛みに敏感な方が不安なく治療を受けていただけるよう、様々な取り組みや対策を行い、麻酔注射や歯を削る際の痛みの緩和に努めております。祐天寺にて痛みに配慮した歯科治療をご希望の方は、ぜひ当院までお気軽にご相談ください。

トップへ戻る