インプラント治療のデメリット・注意点とは?|祐天寺の歯医者|祐天寺歯科

新型コロナウィルスへの対応について

  • 東横線「祐天寺」駅4分
  • 〒153-0053 東京都目黒区五本木2-15-4
  • 03-5725-1880
  • 祐天寺歯科ネット予約

インプラント治療のデメリット・注意点とは?

投稿日:2023年12月12日

カテゴリ:祐天寺歯科スタッフブログ

インプラント治療のデメリット・注意点について

インプラント治療のデメリット

祐天寺駅すぐの歯医者「祐天寺歯科」の歯科衛生士です。

前回のブログ(インプラント治療のメリットとは?)では、インプラント治療のメリットについてお話ししましたが、今回はインプラント治療のデメリット・注意点についてお話ししたいと思います。

どんな治療法や素材であっても、メリットやデメリットは存在します。治療を受ける前に患者さまご自身がメリットやデメリット、注意点などを把握し、選択することが重要です。インプラント治療のデメリット・注意点については下記のようなものが挙げられます。

デメリット・注意点1 外科処置が必要

インプラントを埋入する際は、麻酔下で歯を失った部分の歯茎を切開し、顎骨を削る外科処置が必要となります。そのため、術後しばらくの間は患部の腫れや痛み、微出血などを伴うことがあります。処方される鎮痛剤を服用していただくことによって、術後の痛みは緩和されます。

デメリット・注意点2 治療期間が長い

インプラント治療は手術後にインプラント体と顎骨が結合する際の待機期間などが必要となります。そのため、入れ歯やブリッジなどの治療法と比べると治療期間が長くなってしまいます。

デメリット・注意点3 治療費が高額になる

インプラント治療は保険が適用されないため、自費診療の扱いとなります。自費診療は全額自己負担となるため、保険適用の治療に比べて治療費が高額になります。

デメリット・注意点4 定期的なメンテナンスが必要

インプラント治療後は日々のケアはもちろん、歯科医院にて定期的にメンテナンスを受ける必要があります。日々のケアやメンテナンスを怠ると、インプラント周囲炎(インプラントの歯周病)になる可能性が高くなります。インプラント周囲炎になり、症状が悪化するとインプラント周辺の歯茎や骨が吸収して最終的にはインプラントが抜け落ちてしまうため、注意が必要です。

デメリット・注意点5 神経麻痺・多量の出血などのリスクがある

インプラント治療は外科処置の際、稀に神経や血管を損傷する可能性があり、神経麻痺や多量の出血を伴うリスクがあります。CTによる精密検査などで骨や周辺組織の状態・位置をしっかりと把握し、適切な治療計画を立てることが重要です。

祐天寺でインプラントをご希望の際は祐天寺歯科までお気軽にご相談ください。

インプラントページへ>>

トップへ戻る