欠損部分に実施したインプラント治療の症例|祐天寺の歯医者|祐天寺歯科

新型コロナウィルスへの対応について

  • 東横線「祐天寺」駅4分
  • 〒153-0053 東京都目黒区五本木2-15-4
  • 03-5725-1880
  • 祐天寺歯科ネット予約

欠損部分に実施したインプラント治療の症例

欠損部分に実施したインプラント治療の症例

初診時の口腔内

こちらの患者さまは以前に奥歯を抜歯し、歯のないところにインプラント治療を行いたいという事で来院されました。

インプラント埋入

インプラント埋入

下顎の奥歯が挺出してきていましたが、そこは触らずに行いたいとの希望でした。上顎の骨の厚みが確保されていたため、少し深めにインプラント体の埋入を行い、骨の形を整えるという方法で手術を進めました。

インプラント治療完了後のレントゲン・口腔内写真

インプラント治療完了

インプラント治療後のレントゲン画像

3ヵ月待機期間を設け、インプラント体と骨がしっかり結合している事を確認した後、上部のジルコニアの歯を作成し、装着しました。

噛み合わせの回復はもちろん、審美的にも綺麗な歯をいれる事ができ、患者さまに満足して頂けました。

年齢・性別 40代 女性
治療期間 3ヵ月
治療回数 5回
治療費(税込) インプラント治療 (上部ジルコニア含め) 407,000円×2本
想定されるリスク ・経年的に歯茎が下がる事があります
・定期的にメンテナンスを行わず清掃不良の場合、インプラント周囲炎になり脱離する事があります
・骨としっかり結合せず、再オペが必要になる事があります
・糖尿病など、全身状態によっては治療が難しくなります
・骨の量によっては行う事が出来ない可能性があります

インプラント(口腔外科)ページ>>

トップへ戻る