マウスピース矯正(インビザライン)で叢生を改善した症例|祐天寺の歯医者|祐天寺歯科

新型コロナウィルスへの対応について

  • 東横線「祐天寺」駅4分
  • 〒153-0053 東京都目黒区五本木2-15-4
  • 03-5725-1880
  • 祐天寺歯科ネット予約

マウスピース矯正(インビザライン)で叢生を改善した症例

インビザラインで開咬を改善した症例

マウスピース矯正(インビザライン)の症例

こちらの患者さまは、歯のガタツキ(叢生)が気になるとの事で矯正治療を行いました。抜歯はなるべくしたくないとの事でしたので、IPR、側方拡大、後方移動を用いてスペースを作り、矯正を行う事にしました。結果。歯並びも綺麗になり満足して頂く事ができました。

歯の後戻りを防止する保定装置は、マウスピース型のリテーナーを作成しました。
IPR・・・歯のエナメル質を僅かに削り、歯幅を小さくすることによって、歯が収まるスペースを作り出す処置。

年齢・性別 30代 女性
治療期間 2年6ヵ月
治療費(税込) 矯正検査料 33,000円
インビザラインフル 902,000円
管理料/調整料 5,500円(2ヵ月に1回)
想定されるリスク 虫歯、歯肉炎、歯の変色、歯根吸収、歯肉退縮、治療期間の延長、知覚過敏、歯の痛み、顎の痛み、発音障害、装置除去時の歯の亀裂、その他随伴症状が生じる可能性があります。

矯正歯科(マウスピース矯正)ページ>>

トップへ戻る